野球観戦をしている隣に可愛い女の子がいてナンパしました。

札幌ドームにて野球を観戦するという約束をした友人が急にアルバイトが入ってしまい私一人きりで観戦することになりました。しかしこの寂しい観戦こそが後に美味しい思いをすることになるという前触れだったのです。
久しぶりの野球観戦だったので一人きりでもプロの選手の躍動感に感動してしまい試合に集中していました。しかし六回裏が終了した時点で一息つこうと思ってトイレに向かおうとしたのです。
すると今まで気づかなかったのですが、私のシートの隣にメチャクチャ可愛い女の子が座っていたのです。トイレに向かった後も女の子の事ばかりを考えてしまい鏡で身だしなみをチェックし終えるとシートを確認して女の子をチェックしてみました。
女の子の隣には男性らしき影は感じられないどころか友人の影も感じられず、私と同様に一人で野球観戦をしているようでした。私はこれは絶好のチャンスだと思い込んでビールを2本購入して女の子をナンパしようと考えたのです。
攻守が交代している間を見計らって「ビールいかがですか」と声をかけると女の子は「いいんですか?ありがとうございます」と満面の笑みを浮かべて微笑んでくれたのです。
好印象を得た私は「一人で観戦ですか」と声をかけると「そうなんです」と答えてくれたので、私は積極的に観戦後の飲み会を提案したのです。
すると簡単に承諾してくれて飲み会どころか女の子の自宅まで行くことができてそのまま一夜を共にすることができました。この女の子とは今でもセフレ関係でいます。