長野のスキー場でナンパした大学生とのエッチな体験談

私は現在長野県に住んでいるサラリーマンです。いつも冬には趣味のスノボを友達と月に2、3回ほどのペースで遊んでいます。実は、いつもスキー場で遊びつつ、たまにナンパもしたりしています。とはいえ、正直ナンパはおまけのような感じでした。しかし、ちょうと昨年、長野市近郊のスキー場でナンパしたところ思わずエッチまでできた体験談がありました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。
ちょうど、1月末の週末でした。スキー場はちょうどシーズン真っ最中でいつもよりもスキー客が多くいました。お昼にレストランでご飯を食べていると、ちょうど向かいのボックス席に女子大生3人組と思われるスキー客がいました。こちらもちょうど3人ですので、とりあえず声をかけようということで、声をかけてみました。
話をしていると、どうも女子大生グループでスノボに来たのだということで、午後から一緒に滑ろうということになりました。というわけで、6人で一緒にスノボしていると自然と仲良くなり、結局その日はナイターになる前まで一緒にスノボを楽しみました。彼女たちが泊まるホテルは何と私たちと一緒でした。そこで一緒に夕食も食べようということで、ホテルのレストランでご飯を食べました。
そして、軽く部屋で一杯飲もうということになり、6人で飲んでいるとその中の一人、Aさんが酔っ払ってしまい、気持ち悪くなってしまいました。そこで、僕が彼女を連れて部屋まで連れて行ってあげることになりました。ベットに横にならせたところ彼女からキスをされ、いきなりズボンを脱がしてきました。どうもエッチがしたかったようです。
こちらも願ったりかなったりの展開でしたので、そこでエッチをしてしまいました。結局エッチ自体は20分ほどで終わり、彼女もすぐに寝てしまいました。翌朝顔を合わせたのですが、彼女は特に何もなかったかのように振舞っていたので、正直困惑してしまったほどです。

長野で出会ったパート熟女とのエッチな体験談


私は現在30代の男性です。実は3年ほど前に離婚しました。現在は彼女はいません。そのため、男性として欲求が溜まる日が続いています。そこで、今から半年ほど前に始めたのが出会い系です。私が住んでいる長野は地方都市なので、なかなか出会いがありません。そこで、利用しているのが出会い系です。今日は、そんな出会い系で知り合ったパートの熟女とのエッチな関係を記したいと思います。
出会い系で知り合ったのはAさんという熟女です。彼女は長野市内のスーパーでパートで働いています。年齢は48歳です。けっこう年齢がいっているとはいえ、実はスタイルはけっこう良くて熟女好きの私にはたまらない身体となっています。出会い系でメールをやり取りしてから、1週間ほどで実際に会いました。
お互いにエッチな下心丸出しでメールをしていたので、すぐにラブホへ直行です。実は長野市郊外にはラブホがたくさんあり正直困りません。部屋に入ってからすぐにディープキスをしてそのままベットインしてしまいそうだったのですが、その前にまずはシャワーを一緒に浴びました。とはいえ、すでにシャワーを浴びている段階から息子は勃起したままです。それを見てうれしそうにAさんはフェラを始めます。そして、自慢の巨乳でパイズリまでしてくれました。正直、それだけで射精してしまいそうだったのですが、そこは理性を取り戻して射精する前にシャワーを終えてベットへ移動しました。
ベットへ移動してからはこっちがクンニで攻めまくります。すでに私のクンニで2回はイッたと思います。結局その日は3回もエッチをしました。今でも月に1,2回はエッチをしています。これからもセフレが続いていけばいいと思います。

はじめは寂しさを埋めるつもりでした


おととし離婚し地元の長野に戻ってきました。
地元とは言え友達はみな家庭に収まっていますし、独り身は寂しく、SNSや出会い系にたくさん登録してしまいました。
もう結婚はこりごりなので、素敵な時間を過ごせる都合のいい人を求めていました。
自分勝手ですが、意外と既婚者のかたはそういう人も多く30~50歳くらいの男性と交遊するようになりました。
今はパート勤めなので時間もあり、週に3人くらいと会っています。
生理前は気持ちが高ぶってしまうのでさらに増えます。
清潔感さえあれば良いので、年齢や容姿にはこだわりません。
以前すごくテクニックのあるかたに体を開発されてしまい、すぐに絶頂に達するようになってしまったのでセックス中毒になってしまったかもしれません。
20分くらい続けられる人だと、5回は絶頂に達しています。
なぜか男受けもよく、あまりこちらから尽くさなくても喜んでもらえることが多いです。
セックスをしている時間が一番幸せで、正直相手のことを考える余裕はないんです。
別にお付き合いするわけでもないですから、ひたすら自分の快楽にどっぷりはまっています。
もう40人ほどの男性と体を重ねました。
そのうち5人は連絡先を交換して定期的に会っています。
セックスフレンド、という関係でしょうか。
もう40歳になりますが、一度覚醒してしまった性欲が収まる気配がありません。
一度快楽に飲み込まれてしまうと抜け出せなくなってしまうのですね。

アラサーになってセックスにはまってしまいました


私は長野の田舎に住んでいますし、人の出入りのない職場に10年も勤めていますので出会いを期待することもできませんでした。
学生時代はモテましたが、アラサーになった現在は声をかけられることもなく寂しい日々でした。
このままでは女として終わってしまうと思い、一大決心して自分から動くことに決めました。
といってもあまり積極的なタイプではないですし、とりあえずは出会い系のサイトに登録して様子を見ることにしました。
あまり詮索されたくもないので、簡単に出会いを求めていることをプロフィールに記載しました。
すると1日1人ぐらいのペースでメッセージが届くようになりました。
メッセージをくださったかたはタイプではなかったので、自分から良さげな男性に声をかけてみたりしたところ2人の男性と仲良くなり会うことになりました。
正直なところ性的欲求もありましたので恋人募集のかたでなくてもかまいませんでした。
楽しい時間を過ごせれば良いかな、と。
久々に男性と話し緊張しましたが、お酒の力を借りてホテルまで行ってしまいました。
かなり酔っていたので私のほうからセックスを誘ってしまい、久々に女の喜びを感じました。
それからはまってしまい、自信もついたので、自ら男性に声をかけて一夜をともにすることが増えました。
今までたまりにたまったものが爆発してしまったようです。
女性は30代から性欲が強くなるというのも正しいと実感しました。
自分がこんなに不特定の人とセックスできる人間だなんて思っていませんでしたし友達にも言えません。

長野の旅先でエッチ


僕は、毎年長野県に常連のように、
遊びに来ている。
長野県の自然が目当てだった。
飯田市で、ハイキングを楽しんだ帰りのことだった。
ある喫茶店に入った。
若く美しい女がいた。
香織という子だった。
彼女も長野に遊びに来ていると言った。
姉が一人で住んでいるというのだ。
お互い大好きな長野の話題で盛り上がった。
そして、話が弾み、姉からTELがあり、
僕と一緒の事を伝えると、
その人も良かったら、私の所に
連れてきていいのよ。
と言ったらしかった。
その内容の話を知った僕は、内心ドキドキしていた。
36歳の僕が、若い姉妹とと妄想した。
香織ちゃんのお姉さんのアパートへついた。
またしても美女が出てきた。
沙也加ということだ。
二人ともタイプだった。
長野がお姉さんは好きで飯田市に移住してしまったとの
事だった。
僕のエロ脳は一瞬消えて、長野の話に夢中になった。
それが結果、二人に好印象を与えたのだ。
気をすっかり許した二人に僕は、だんだん
下心をちらつかせた。
そして、二人の膝に触れた。
スベスベで気持ちよかった。
二人のパンティーの中をちらりと
覗いた。
香織ちゃんと沙也加さんの脚に触れた。
ねえ。楽しんじゃおうよ。
と言って、二人の服に手をかけた。
二人、裸になった。
手でおっぱいを隠していたので、
優しく動かし、
綺麗だねと褒めた。
そして、二人のおっぱいをちゅうちゅうと吸った。
二人は可愛く喘いだ。
今度はおまんこを触った。
濡れまくっていた。
二人に、交互に僕のアレを突っ込んだ。

長野でのHな出会い


長野県と言えば、かつて冬のオリンピックが行われた場所としても非常に有名な場所ですよね?
その長野県で、私は30代のAさんという女性と知り合い、Hをする関係となりました。

Aさんと知り合うきっかけが、あるイベント会場でAさんと親しくなったことでした。
そして、私たちはすぐに連絡先の交換をし、お互いに仲良くなれました。

Aさんと知り合って5日目のことでした。
当然、Aさんから今日会いたいと言われ、私はAさんに会いに行くことにしました。

Aさんの住む松本市まで行き、私たちは落ち合うことに。
そして、私はAさんの住む自宅へ上がらせてもらいました。

そこは、とても整理整頓がしっかりとされているキレイな自宅部屋でした。
私はすっかり見惚れてしまい、Aさんとイチャイチャしたくなりました。

一緒にDVDなどを最初見ていましたが、そんなものはほとんど目に入らないくらい、私はしたくて我慢できなかったのです。
Aさんにしたいと言い、私はAさんにお願いをしました。

すると、Aさんもそれに応じてくれたので、私たちは関係を持つことになったのです。
Aさんの柔らかいふわふわした唇にそっとキスをしました。

とても感触がよく、私はそのままAさんのパンティの中に手を突っ込みました。
ああんというAさんの甘い声に興奮し、私たちはその夜激しいHをしました。

Aさんのとてもすばらしい体をじっくりと堪能できましたし、長野県松本市での最高の夜となったのでした。
Aさんとはそれから一ヶ月ほど関係が続き、自然消滅しました。

道を聞いてきた青年を誘惑することに成功


彼氏候補になりそうな男性がいない場所で仕事していると、外に出会いを求めたくなります。長野で事務員をしているときは、そんなことばかり考えていました。イケメンじゃなくても、セフレとして楽しめそうな男性なら良いと思います。もうすぐ長野から遠くへ引っ越すという事情もあり、街に繰り出して男性を誘惑してみることを決めました。胸の谷間がはっきりと見える上に短すぎるスカートを履き、長野の若者に人気のゲームセンターを訪れました。
どこを見てもカップルが楽しそうに遊んでいるので、場所を変えるために建物の外で作戦を練っていました。すると、喫煙スペースで鉢合わせた男性が不安そうな顔でこちらを見ています。しばらく無言でいると、彼から道を尋ねられました。オナニーの経験があるのか疑わしいような童顔でしたから、ついつい誘惑したくなりました。
エッチしてくれるなら道を教えてあげると言ってみたところ、彼は顔を赤らめながら後ずさりを始めます。そのまま逃がすほど奥手な私ではないので、腕を掴んで答えを聞きました。少し力を入れれば逃げ出せるほどの力で掴まれているにもかかわらず、彼は私から離れようとしません。さらに追及してみると、ホテル代を出してくれるならエッチすると言ってくれました。
彼は手コキしてあげるだけで射精しましたが、そのままエッチを終了させるなど言語道断です。無理やり勃起させて、今度は私が気持ち良くなりました。そのあとは彼に道を教えてあげて、セフレになることはありませんでした。

長野の松本城でのナンパからのセックスが凄い


最近ちょっと変わったところや意外なところでのナンパにはまっていて、成功することがあります。
先日は長野の松本城でひとりで観光に来て写真を撮影している女の子がいて、どこから来たのですか?と声をかけてみると富山からという返事でお城が大好きであちこちの城を回って写真を撮影しているとのことでした。
写真を撮ってあげたりしてそのうちにうまく話をあわせて親しくなることに成功、一緒に食事に行くことになったのです。
彼女はお酒が大好きなのですが、酔いがひどくてぐでんぐでんになってしまい、そろそろ帰ろうかというと彼女の方から泊まっているホテルに来てという誘いがきてそのまま入ることになったのです。
あまりにも嬉しい展開になったのですが、どうも彼女はお酒が入ると開放的でエッチになるようで、部屋に入るなり下着姿になり、私を誘ってくるのです。
そのままその流れにまかせてキスをしながら、そして下着の上からもその下からも彼女が気持ちよくなるところを刺激していき、そのままセックスが始まっていきました。
彼女はどんどん気持ちよくなっていき、激しく求めるようになってきましたので、じらすのも限界という感じでしたから期待に応えて思い切り奥深くまでぶち込むように挿入してあげることにしました。
いつもはゆっくり入れるのですが、今日は一気に入れてそれはまたAVのようなちょっと荒々しいものですが、そんなプレイもたまにはいいなということで興奮してしまいました。
突きまくって何度もイカせて、写真が好きお城が好きという女の子には見えないような激しさのギャップにとても興奮する体験になりました。

サークルの人たちからしつこいさそい


長野県のペンションに滞在しているときに、近くのペンションには、あるテニスサークルのメンバーが合宿に来ていました。
男女合わせて30人くらいの集団だったのでしょうか。
かなりうまい人たちもいて、大学生ではなく、一般のテニスをしているメンバーだと言っていました。
中には会社を休んで3日の合宿に参加している人も。
その中には女子もいたので、自然と私も話をするようになっていきました。
ある時明日で合宿が終わりという時に、最後のバーベキューをするからペンションに来ないかと誘われました。
私は近くだったこともあり、女性もいたから安心していきました。
テニスサークルのBBQは結構飲む人が多くて激しくてちょっとびっくりするくらいでした。
そして最後の人いうこともあり、これまで気になっていた人がいれば告白をしたり、かと思えば途中で消えていくカップルもいて、結構自由な会だったのです。
私はその時にある男性からナンパをされました。
ずっといいと思っていたんだと。
そして思い出作りにキスをしないかと誘われました。
私も断る理由がなかったので、誘いに乗ってしまいましたね。
彼とちょっと見えないところに移動してキスを始めました。
キスで終わる訳はありません。
その彼の手はどんどん下に降りていき、刺激をされ私はもう立てなくなるほど。
そのままトイレに移動し、彼としてしまったのです。
私もかなりよっていたのでしょうか。
自分でこんな行動をしたことをビックリしています。
でも最高に気持ちがよかったです。

傷心旅行で長野のわさび園でナンパでセックス


長野の人とネットで知り合って遠距離恋愛していましたが、その彼とネットで他に彼女がいることもわかり破局しました。
でも、いつも聞かされていた長野のわさび園が有名で一度行ってみたいと思っていました。
彼のことは吹っ切れていましたが、長野に行ったことがなかったので、傷心旅行は彼の住んでた長野のわさび園に行くことにしました。
そこは、緑もいっぱいで空気もおいしくて穏やかな気持ちになれました。
生わさびも売っていましたので、買ってかえるつもりで売店で見ていました。
そこで男性が声をかけてきて観光ですかと尋ねてきました。
ハイと答えたら彼は僕はこの近所で長野には詳しいのであんなによかったらしますと言ってくれました。
爽やかで、イケメンでちょと気になりました。
彼は、一人でなんで旅行に来たのか聞くので、彼と別れちゃったと説明しました。
すると彼はここで会ったのも縁だと良い手をひっぱって色んな長野の観光地を車で回ってくれました。
長野の人は優しい人多いねと言うと彼は元彼もそうだったのと聞いてきました。
でも、この長野には来たことなかったと言うとじゃあ僕と恋愛して何度もおいでと慰めるように優しく話してくれました。
すごく気が合って、年もさほど変わらず一日楽しく過ごせました。
彼は、何処に泊まるのと聞くので適当なホテルかなと言うと俺の家おいでといって強引に彼の家に連れて行ってくれました。
大きな家で、兄と二人暮らしで、遠慮しないでねと言ってくれました。
会話も弾み始めてと思えないほどでした。
彼の手料理まで家で作ってくれて、すごくいい感じでした。
夜は別々の部屋で寝ていましたが、静かでこわくなり彼の部屋をノックしました。
彼は、優しくおいでと言って抱きしめてキスをしてくれました。
それから覚えていないくらい激しいセックスをして寝ました。
朝起きると彼は、長野いい所でしょっと言い爽やかな笑顔でした。
彼は付き合っていこうと言ってくれました。
長野で、ナンパされてセックスして彼が出来ました。
傷心旅行から幸せ旅行になりました。
長野で素敵な彼と出会えました。

ひと夏の恋


私はある夏に長野県のペンションでアルバイトをしました。
夏限定のバイトで期間は1ヶ月半。
私も普段忙しくしている東京の喧騒から離れ、ゆっくり出来ることを楽しみにしていました。
でもアルバイトとしていくのですからしっかり働かなくてはいけません。
指定された時間に長野駅に行くと、そこには同じところでバイトをするメンバーが4人集まっていました。
そこでひと夏の恋の相手になる彼に出会ったのです。
彼を見た瞬間に、なんだかアッと思いました。
かっこいいとか全く思わなかったのですが、この人は…と直感で思わせる物があったのです。
それから私たちはペンションに向かいました。
私は彼を意識してしまってダメでしたね。
それからバイトが馴れてくると自然に話をすることが多くなりました。
私たちのシフトは2交替制。
彼とペアになることが多く、一緒に仕事をして、終了も一緒です。
そしてもう一つのペアと入れ替わるのです。
そのために仕事が終わると私たちは二人で過ごすことが自然に多くなったのです。
そしていつの間にか一緒に寝ることが多くなったのです。
どちらが誘ったというわけでもありませんが、自然の成り行きで体の関係になったことは嬉しかったです。
こうなることを望んでいましたから。
もしも別の場所であっていたら、そんな関係にはならなかったかもしれません。
ペンションのバイトという状況だったから私たちは結ばれたのかもしれません。
ひと夏だけだったけれど、とてもよい思い出です。

看護学生に童貞を奪われた


僕は長野県の某市に住む大学生です。
ここ最近、SNSを使って出会いを探すようになりました。
主に「出会える系のアプリ」を使っています。

奥手なのでリアルだと女の子に声をかけることができないのですが、SNS上ではナンパするような感じでどんどん女の子に声をかけています。
「どこ住み?」「今なにしてるの?」とかそんな話題からです。
寂しいから、暇だから、ラインしたいだけの子もいれば、家に来てって子までいてドキドキします。

早く童貞を捨てたかったので、エッチな話で盛り上がっていた子とセックスすることができました。
写メは見ていたけど、実物もまあまあ可愛かったので嬉しかったです。
看護系の専門学校に通っていて、ひとり暮らしをしているそうです。
僕が童貞だということに興味を持ったらしく「あそこ見せて」とか「おっぱいさわりたい?」とか言われてどぎまぎしました。
手コキされているうちにイッてしまって落ち込んでいたのですが、彼女が「あそこさわる?」とか言うので初めて女のひとのあそこにさわりました。
僕は興奮してきて、触っているだけじゃ物足りなくて、たくさん舐めました。
あそこは、むわっとした臭いがしましたが不愉快ではありませんでした。
痛くしないように、でも小刻みに一生懸命舐めていると、彼女が突然「だめ、いくから」と言い、僕の顔を離しました。
そして僕は押し倒され、あそこがにゅるっとした暖かいものに包まれました。
「童貞もらっちゃった」と彼女は言いながら上下に腰を動かします。
僕は出そうになってしまい、慌てて彼女の動きを止めました。
すると彼女がコンドームをつけてくれ、僕に覆いかぶさるようにして腰を動かしました。
クリトリスをこすりつけていたようです。
僕は彼女の「だめ、童貞のチ○コでイっちゃう」という言葉に反応してしまい、出してしまいました。

けっこう童貞好きの女の子はいるそうなので、次も童貞ということにして探してみたいと思います。

メスばっかり


松本市在住、自営業、42歳男です。
2年前から出会い系サイトを使って長野県内の人妻を漁っています。
たまに若い子ともセックスしたくなりますが、やはり人妻が一番エロくて簡単ですよ。
あまり容姿にこだわらなければ、月1回くらいのペースで新しい人妻と出会えるのでセフレは二桁余裕です。

松本市内だと知り合いの可能性もあるので、長野北部・南部あたりが自分的には都合がいいですかね。
遠いけれど車あればなんとかなるし、ホテル行く暇なければカーセックスで良いので。
車の中で盛り上がったときはホテル入る手間が面倒で、勢いのままシート倒してセックスしますよ。
長野は田舎なんで、ほとんど人目につきません。
女って、ホテルみたいな改まった場所より、車みたいな日常の中で刺激を与えたほうが興奮するんですよね。
だから自分はとりあえず相手のこと褒めて、軽く髪とか手に触って雰囲気作ってからキスしますね。
「いや」とか言うくせに、目がとろーんとしていて、結局待ってたんじゃねえかよって思いますね。
パンツぐっしょりだし、あそこから女のにおいがすごいし。
メスだなって感じです。
抵抗するフリですら楽しんでるし。
いったん火がついちゃうと俺も女も止まらないんで、ゴムとかつけてる暇ないですね。
ばれないように中に出したこともあります。

だいたいのセフレは、2、3か月に1回は連絡してきますね。
寂しいとか会いたいって。
セックスしたいって言えばいいのに、変にプライド高いんですよね。
このあたりはずっとこの土地に住んでる人が多くて、遊び方を知らないから羽目の外し方がすごいんですよね。
女性ではなくメスですね。
40代ぐらいの性欲ってやばいと思います。

長野の飯綱高原スキー場で20代女子大学生をナンパできたぜ


俺は生まれも育ちも長野で、子どものときから親に連れられてスキーやスノボーの経験が豊富だった。
幼い頃は将来プロ選手になれるかもしれないと言われたくらいだったが、結局趣味の延長線上でしかなかった。
とはいえそこらへんの素人よりはうまく、冬になればナンパばかりしていた。
ここではっきりと俺は断言しておくが、顔はよくない。
これは主観的にも客観的にも顔面偏差値なるものはせいぜいあって40くらいだろう。
それでも俺は冬になればナンパをして、しかもセックスまで何度も持ち込むことができている。
当然スキーやスノボーがうまいからだが、俺は基本的に初心者っぽい女を狙うことにしている。
特に旅行でやって来た少数の女子大学生を中心に狙い、スキーやスノボーの経験が少なそうな子に近寄るだけで良い。
最初からナンパっぽくするとどうしても警戒されてしまうが、転んでしまいそうなところをうまく支えてやったりして、まあ少しずつ距離を近づけていくわけだ。
それで、このあいだは東京からやって来たリサという20歳の女子大生をいつものごとくナンパした。
場所は飯綱高原スキー場で、明るい時間帯は雪山を楽しむことにした。
それから夜になって、レストランで食事をする約束をし、そのレストランでは彼女の宿泊しているホテルを聞くことに成功した。
ここまでくればほぼセックスまで持ち込める自信があった俺は、その後二人で酒を飲み、そのまま彼女の泊まった部屋まで足を運んだ。
当然一晩中セックスに明け暮れ、なにより驚いたことは彼女がまだ処女だったということだ。
見た目は今風のギャルといった感じだったので驚いたが、最後は潮を吹きまくって何度もイッていた。
さらに生ハメ中出しまで決めることができ、最近の中でもかなり記憶に残ったナンパだったことは言うまでもない。

バイト先の冴えない先輩とナンパに大成功!味をしめちゃいました…!


先日JR松本駅のすぐ近くにある居酒屋で、バイトの先輩とお酒を飲んでいました。僕は今年で24歳になる男性。
現在居酒屋のバイトをしながら、専門学校に通お金を貯めている…そんな状況です。
アルバイト先には昨日先輩がいて、その先輩とこうしてよくお酒を飲んでいるのです。
しかし先日、僕らがお酒を飲んでいたテーブルのすぐ隣のテーブルに女性2人組が座り、女子会を始めていました。
男子が来る気配が一向にしなかったため、思い切って僕らは女の子に声をかけてみました。
最初は断られるかな…と思いましたが、一瞬ためらった彼女たちはせっかくの機会だから…と言うことで僕らを受け入れてくれました。
受け入れてくれた理由は、僕らがいたって普通のタイプの男性だった…と言うことでしょう。全くチャラいタイプの男性ではなかったので、逆にそれが好印象だったのだと思っています。
テーブルを合わせて4人でお酒を飲み、かなり盛り上がりました。
その女性2人も決して派手なタイプの女の子ではなかったのですが、それは僕らも同じこと。
同じ人種だね…そんな話をしてかなり盛り上がりました。
そしてその帰り、僕と先輩はそれぞれ女の子をお持ち帰りすることに成功しました。
お互いが気に入った女の子が被らなかったため、それぞれ気に入った女の子に思いっきり声をかけて、一人暮らしのアパートに連れて帰りました。
地味なタイプの僕らでもこんなナンパ地味たことができるんだ…と自信を持つこともできました。
それ以来、先輩と僕は定期的にその居酒屋でお酒を飲み、地味な女の子に声をかけてはお持ち帰りをする…そんなことを繰り返しています。笑