長野県の志賀高原で大学の友人とセックス

 先日、大学の友人6人で長野県の志賀高原にスキーに行きました。メンバーは男女3人ずつで、とても仲の良いメンバーですのでとても楽しみにしていましたが、その中には私ととても仲の良い女の子もいました。私たち6人でスキーが出来るのは私とその女の子の二人だけでそれ以外のメンバーはたちはスキー初体験でした。なので最初は私たちが残りの4人を教えてあげて初心者コースで滑っていましたが、私たちはだんだん飽きてきて二人で、中級者コースに行きました。ここで二人仲良く滑っていたので、仲良くなってきて二人で食事をしたり結構楽しい時間を楽しみました。

 そして夜になりみんなで一緒に食事をしてから、二人だけで一緒に話をしていた時「僕の部屋に来ない??」と誘ってみたんです。するとあっさりOKが出て、私の部屋で一緒に話をしていました。そして肩に腕を回してキスをしてみると、彼女は嫌がることなく応じてくれたので、そのままセックスが始まりました。彼女は意外とおっぱいがおおきめでちょっとビックリでしたが、アソコを触ってみるとすでにグッチョリ濡れていて、いやらしい喘ぎ声を上げていました。彼女は普段はまじめでとてもおとなしい性格ですが、セックスには貪欲で、私の興奮を誘いました。これ以降私たちは付き合うようになりました。週に2~3回会ってセックスを楽しんでいますが、最近、彼女は以前よりもますますセックスに奔放になってきて濃厚なセックスを楽しんでいます。

長野の出会った最高の美女


これは長野へ旅行に出かけた時のナンパ体験です。
私は善光寺や松本城といった名所を回る旅行に出かけていたのですが、善光寺のおみくじで恋愛運が良いとの内容があったので「良い出会いがあるのでは」と少し期待しながら過ごしていたのです。
そして1人で長野駅近くのバーで飲んだ帰り、私はステキな出会いを体験したのです。
私が歩いていると若い女性が酔っぱらって電柱にしがみついていたのです。
最初は「関わらないでおこう」と思いましたが、かなり泥酔した状態だったので声を掛けたのです。
すると「うるさいあっちへいけ」と女性から腹部を蹴られ思わずその場にうずくまってしまいました。
女性はその姿を見て大変だと思ったのか急に大人しくなり「すいません。
ちょっと嫌な事があって」と謝罪してきたのです。
何度も謝る女性の姿に私は怒りを通り越して可愛らしく感じたのです。
そして女性から謝罪の意味で食事に誘われました。
ダイニングバーに入って女性の姿をしっかり見てみると完全に自分の好みで、とても豊満なバストの持ち主だったのです。
そして会話をしているうちに女性が最近失恋した事実を知りました。
実は私の旅行は失恋による傷心旅行で、その事を話すと会話がとても盛り上がったのです。
さらに職業も一緒で趣味にも共通点が多く「もしかしら運命の人かな」という話になったのです。
するとバーを出ると女性が「出会えた思い出に良い事しよう」と誘ってきたのです。
ホテルに入り豊満なバストを目にすると私の性欲は歯止めが利かなくなり女性に野獣のように飛び掛かりました。
そしてバストに顔をうずめながら最高のセックスを堪能したのです。
その後女性と付き合う事になり、善光寺のおみくじが完全に当たりました。
このような形で付き合う事になるなんて本当に出会いはどこにあるか分からないと思います。

セックスレスだったので・・・・


私は結婚しているのですが、2年近くセックスレスで、久々に熱く抱かれたいという願望を持ってしまいました。
とはいえ長野の田舎に住んでいるので、パート先や地元の男友達ではバレてしまうと思い出会い系に登録しました。
私は上田に住んでいるので、松本や長野市あたりで会える男性を見つけて連絡したところ同じ既婚者のかたが何人か見つかりました。
私の想いを素直に伝えたところ、満足するまで気持ちよくしてくれると言ってくれた男性がいたので躊躇うことなく会ってみることにしました。
駅で落ち合い、車でラブホテルへ連れていってもらいました。
人前で裸になるのは久々でしたので緊張しましたが、私の体を褒めてくれ、全身を舐めてくれたのでうっとりしてしまい、恥ずかしいことに足の先まで垂れるほどに濡れてしまいました。
クリトリスを中心に、焦らされながら舐められて、久々にイッてしまいました。
頭がぼうっとして、もうなにもかもがどうでもよくなり、彼のペニスにむしゃぶりつくほど淫乱になってしまいました。
卑猥な言葉をたくさん言わされ、もう我慢の限界でした。
指を入れられ激しく動かさ、今度は中でイッてしまいました。
セックスの最中はうるさいほどに喘ぎ、38歳にしてセックスがこれほど気持ちのよいものだと言うことを知りました。
それ以来彼にはまってしまい、時間を作ってはセックスしに行っています。
この年でここまでセックスにハマるとは思いませんでしたが、昼間のラブホテルで私と同年代のカップルもたくさん見かけますので、セックスしたいのは私だけではないと思うと安心します。

バイでマゾのセフレとアブノーマルセックスができた


自分は長野県で製造業をしています。
5年近くセフレだった女の子が結婚してしまったので、新たにセフレを探そうと思いフェイスブックで同級生に連絡したりセフレ募集の掲示板に書き込みをしたところイイ経験ができました。
同級生ともセックスできたのですが、少し気まずい気持ちもあり1回きりで終わってしまいました。
セフレ募集の掲示板で出会った女の子はかなりの当たりです。
彼女は複数プレイが好きなようで、女友達を連れてきてくれることもあります。
二人のレズプレイでギンギンに興奮したあと、交互にセックスするとハーレム気分で最高です。
もちろん彼女ひとりのときもありますが、かなりのM女なので、今までできなかった緊縛プレイやアナルセックスも楽しんでいます。
自分の友達を連れて行って、彼女をむちゃくちゃに犯してあげることもあります。
彼女の友達をこっそりナンパして、彼女に内緒で会ってセックスしたこともあります。
とにかくちょっとアブノーマルなセフレができて、かなり充実したセックスライフを送っています。
彼女のおかげでSになる楽しさを知ったので、街で女性をナンパしたり、掲示板でMっ気のある女の子を見つけてセフレにしていますが、征服欲も満たされるし最高です。
彼女気取りの女性もいますが、セックスできるのであれば大切にします。
いつも誰かしらとセックスしているおかげで、最近はオナニーすることもなくなってしまいました。
セフレをとられたくないので、セフレにはもう出会い系やるなって言ってます。

転勤で長野へ


一昨年の秋、大阪から長野へ転勤になりました。
独り身ですし、全く知らない土地で過ごすのは寂しく、遊びに行くにもどこへ行けばよいのかわからない状態でした。
私は人見知りをするタイプですし、最近はネットが普及しているのでネットで出会いを探そうと思いSNSや出会い系に登録しました。
正直下心もありました。
純粋なお付き合いも求めていたのですが、出会い系サイトを見ていると体だけの割り切った関係を求めている女性も多く、ついつい連絡してしまいました。
こういうことは初めてなのでどうすればうまくいくのかわかりませんでしたが、こまめにメッセージを交換していると自然と会う流れになりました。
相手は既婚者で長野県北部に住む女性でした。
既婚者なので、体の関係ということで良いのかなとひとりで盛り上がっていたところ、相手が自宅に来てくれるというので悶々として待っておりました。
30分ほど雑談をしていたところ、女性が顔を近づけてきて下半身を触られました。
私は色気のある人妻に興奮し、そのまま押し倒してしまいました。
彼女とは1年経つ今でも体の関係が続いています。
お互い恋愛感情はないので、不倫というよりもセックスフレンドに近い状態です。
セックスをするだけではなく、長野の土地柄やいろいろなお店も教えてもらい、すっかり慣れました。
セックスフレンドなんて自分には関係のない話だと思っていましたが、実際できてしまうと気軽で都合の良い関係です。
久々に会うときは貪るようにセックスするほど彼女の体にのめり込んでいます。

長野県住みの20歳の女の子とセックス


先日、出会い系サイトで知り合った女の子とセックスしてきました。
彼女は長野県住みということで、プチ旅行も兼ねて長野まで電車に揺られること3時間。
待ち合わせは松本駅前でした。
その女の子はAKB48の指原似の20歳で、スレンダーでどこにでもいる感じの可愛らしい子でした。
彼女は学校も仕事先も長野で長野から出たことがないらしく、奥手で人見知りな感じだったので会話もグイグイとリードする感じで攻めました。
強くおせば簡単にヤレそうだなぁ、とたっぷりの期待。
歩いていける松本城を散策したりしながら、恋愛トーク。
付き合った経験は1人だけとのことでした。
いい時間だったので夕飯を食べ、その後飲みに行こうというとOKの返事。
2時間弱飲んで、その後は駅前のビジネスホテルの前へ。
せっかくだから一緒に泊まらない?と彼女に言うと返事はありませんでしたが、手を握って来なよ!と強めに言うとコクンと頷いてくれました。
奥手な子はおしに弱いですね。
部屋で30分くらいダラダラした後、彼女にキスをしてプレイ開始。
緊張していた様子だったので、腕や足にキスをして優しくペッティングしてあげました。
若い子の白くて透き通った太ももは最高です。
彼女の緊張もほぐれたようでパンツを触ってみるとだいぶ湿っていました。
優しく脱がしてクンニをしてあげて、精一杯奉仕。
「我慢できなくなっちゃったから入れていい?」と聞くと、小さくコクンと頷きました。
そしてゆっくりと正常位で挿入。上の服を着せたままだったので犯している感が増して興奮しました。
最後は彼女の太ももにたっぷりと発射。
あまり慣れていない感じの女の子だったのでとても楽しめました。
長野まで3時間かけて来た甲斐がありました。

長野で仕事一筋の男が出合い系サイトで妻と子供を手に入れたサクセス・ストーリー


長野県で仕事のために頑張ってきた50代の男性です。
周りはどんどん出世をしてよい地位についていて、自分もそれなりに会社での地位を固めてきました。
ただ、周りと比較して何かが足りないのは、大切な家族です。
私には妻も子供もいなく、未だに独身のままなのが、他に比べて劣っている点ではないかと自己分析しています。
モテないわけではないのですが、やっぱり本当の自分を知っている女性からだとお金目的ではないかと警戒してしまうんですよね。
そういう警戒心がかえって出会いを遠ざけている原因なのかもしれません。
婚活にもそろそろ本格的に力を入れなければ一生独身のまま終えてしまいそうな感じさえします。
両親も年齢的にもきつくなってきているため、早く孫をほしいとせがまれるようになりました。
思い切って世間一般ではまだまだ使う人も少ないでしょうけど、出会いサイトに登録をしてみました。
長野県で年齢が30代ぐらいから40代までの女性で性格がよければどのような方でもよい、との思いで参加です。
最初から結婚を目的としているのではなく、あくまでも恋人を見つけるために応募をしました。
なんとなくメール交換で相性のよい女性と半年ほどやり取りを続ける内にお互い好きになってしまい、先日私の自宅で初対面しました。
変な話ですが、会えない間に溜まっていたこともあり、お互いが自然と身体を求め合ってしまって、成り行きでできちゃった結婚をしてしまいました。
念願叶って妻と子供の両方を手に入れたことが幸せです。

長野のトレッキングで出会った熟女との体験談


私は現在50代の男性です。仕事はすでに管理職になっており、正直忙しくありません。そこで、最近ではよく趣味でトレッキングに出かけています。長野県に住んでいるため、車ですぐのところにトレッキングできるところがたくさんあり、休日は山を登って帰りに温泉に入るという過ごし方をしています。実は、今から5年ほど前に妻が亡くなり、やっと心の整理がついて、独身を楽しめるようになっています。
実は、最近同じ趣味を通して50代の熟女女性と知り合いました。きっかけは同じトレッキングサークルです。一人で登るのも好きなのですが、私はサークルにも所属しており、月に1度ほど活動に参加しています。そのサークルを通して彼女と知り合いました。Aさんとします。彼女は50代で、独身で過ごしてきたようです。そのためなのか、若く見えます。
お互いにフリーという立場のため、自然と会話が増えるようになり、そして連絡先を交換しました。それからは平日でもたまにメールをするようになり、一緒に飲みにいく約束をしました。正直、男としての欲望がまだあるので、最初に飲みに行くときにはちょっと緊張しました。とはいえ、お酒が入ると自然と会話も弾み、あっという間に12時になってしまいました。
彼女も少し飲みすぎたようですので、近くの私のマンションで軽く酔いを醒ましてから帰宅するということになりました。そして、私の部屋に上がってもらい、そこでお茶を出して、一緒に映画を観ていたときです。雰囲気があったので、思わず彼女にキスしてしまいました。それが、引き金となりお互いに体をむさぼるように求め、結局そこでエッチしてしまいました。お互いに久しぶりのセックスだったのですが、まるで童貞のときのようにとても新鮮で気持ちよかったです。

長野の保母さんとのエッチな体験談


私は現在30代の男性です。今から5年ほど前の話です。当時、長野県に住んでいました。ちょうど息子が幼稚園に通い始めた頃のことです。実はそこの幼稚園で保母さんと働いた女性とエッチな関係になりました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。
実はその幼稚園は年に1度保護者を中心としてバザーのようなものを開催します。たまたま私がそのバザーを担当することになりました。ほかにも何人かいたのですが、私が連絡係りのような仕事を担当し、実際に保母さんたちと打ち合わせをしたりすることになりました。
その際に、彼女(Aさん)と親しくなりました。彼女は年齢が22歳で、まさに保母さんに成り立てという感じの非常に若い女性でした。最初は仕事の悩みなどを聞いているうちに、段々とメールをやり取りするようになり、今度ご飯を食べに行こうという感じになりました。
さて、その日は一緒にお酒を飲んだのですが、彼女が仕事のストレスのためなのかけっこう酔っ払ってしまい、一人で帰宅するのも困難な感じになりました。そこで、タクシーを拾って彼女をアパートまで送り届けることにしました。当然、こちらも下心はありです。彼女の部屋に入って、ベットに寝かせました。しかし、彼女は本当に酔っ払っているのか、すぐに寝てしまいましたので、結局その日は帰りました。
次の日に彼女からそのお礼とお返しにまた飲みに行く約束をしました。最初に無理にエッチをしなくてよかったです。結局は2回目に飲んだときに彼女のアパートまで行って、そこで初エッチをしました。久しぶりに若い子とのエッチだったので、こちらもビンビンになり、大人のテクニックを発揮して、彼女を3回もいかせました。

長野で女にモテないオタクがナンパに成功


長年、長野に住んでいますが、外見がオタク風のために女性にもてない日々が続いていました。
このファッションはどうにかしようにも、まず容姿が冴えないのでどう頑張ってもイケメンにはなることができません。
かといって何もしないでいても彼女ができないままだし、一生キャバクラや風俗のお世話になるのだと思うと悲しくなってしまったんです。
そこで、まずファッションをファストファッションに変えて、そこそこ普通の清潔感がある男に生まれ変わりました。
髪型なども長野にある流行の美容室に入って、さわやかな感じにしてもらったので、大分外見的にも変化しました。
このことがきっかけとなり、女子とも話せそうな自信を持てたため、いざ道行く女性に話しかけてみることにしたんです。
自分を知ってもらうためにはとにかく長野の女性に声をかけて、ナンパをしなくてはなりません。
逆ナンパなんて夢のような話はあるわけでもないですから、地道に頑張るしか方法はありませんでした。
1日中声をかけているとちらほらと足をとめてくれる女性も出てくるもので、ノリのいい会社員風のOLとそれなりに楽しく会話をすることに成功しました。
彼女は仕事で悩みを抱えているらしく、ぐちを聞いてあげている内に連絡先をゲット。
友達関係から続けようと考えていましたが、彼女から寂しさのあまり自宅に誘われて、童貞を喪失しました。
今でも友達のような恋人のような不思議な関係ですが、女性に対しての免疫力はかなりアップしましたね。

長野でセフレとの出会いの体験談


長野で、なんとなく出会いを探していました。
そのころは、付き合っていた彼氏とも別れ、何となくさびしい状態でしたし、とにかく誰でもいいから寂しさを紛らわせてみたい、という気持ちがありました。
そこで、出会い系のアプリなどを使い、長野で出会いを探してみました。
プロフィールを登録したのですが、すぐにたくさんの相手から連絡があり、その中でも、長野で地元がとても近くて、イケメンの男性に声を掛けられて、さっそく会いに行きました。
その男性は、私と同じように、出会い系なんかで相手を探していたようで、遊び相手を探している様子でした。
一緒に会い、ドライブなんかに行き、そしてカラオケに行きました。
そしてその後ホテルに行きました。
自然な流れだったので、嫌じゃなかったですし、お酒が入っていたので、その場のノリ的な感じで、ホテルに行きました。
酒が入っていたので、とても燃えましたし、たわいのない話をしたりして、とても盛り上がりました。
そして、その後もたびたび彼からは連絡がありますが、細かい事情などは全く知らないですし、相手の素性と言ったことなども、ほとんどしりません。
しかし、セックスフレンドとしては、私も楽しいですし、なんとなく色気がある感じで、彼のことが嫌じゃないのでたびたび会うようになっています。
しかし、その人一人だけでは物足りないので、またそのほかにも出会い系で何人か会いました。
そして、その人ともセフレとして、遊んでいたりします。

諏訪湖の花火大会を女性と楽しんだ話


長野にある諏訪湖では毎年夏に花火大会が行われています。
テレビでも取り上げられたり生中継がされるほど大規模なもので、テレビで見たことがある私は現地で楽しみたいと思っていました。
しかし友人と行くというのも乗り気じゃなかったですし、かといって一人で行くというのも寂しさがあるなという中、出会いサイトで花火大会に一緒に行ってくれる女性を探すことにしました。
探し始めたのはいつだったか定かではないんですが、春先だったと思います。
夏の花火大会までに見つかればいいなという軽い気持ちで挑み、なんなら次の年でもいいかというぐらいの緩い計画だったんですが、意外と早く見つかったんです。

私は東京住まいだったんですが、彼女は諏訪湖がある長野の南部に住んでいて、私と同じく諏訪湖花火大会の存在を知っていて、地元なのに行ったことがなく、行きたかったと思っているとのことで、同じ目的をもっていたからか、出会ってからの展開が早かったです。
花火大会当日に出会うというのもお互い緊張するということで、梅雨時期ぐらいに私が長野に出向きました。

正直、出会うからといって体の関係に固執していたわけではなかったんですが、出会ってからというもの、気に入られたようで彼女がぐいぐい押してきました。
私も断る理由もなく、彼女を見て悪い印象を受けたわけでもなかったので流れに任せて、その日の内にラブホに行っていました。

それからはわりと頻繁に会うようになり、花火大会当日までにはすっかり恋人、というより肉体関係が主なセフレに近い関係になっていました。
花火大会の日も中央道で彼女の家まで行って彼女を乗せ、そのまま諏訪湖に向かい、大混雑の中なんとか車を停めて、人混みの中で出店などを楽しみつつ、花火大会も楽しむことができました。
帰り道も大混雑だったんですが、私と彼女は彼女の家までの途中、車内でいちゃいちゃしながら帰ったのでまったく辛くなかったですし、帰り際にラブホで疲れを癒しつつ性欲も満たすことも出来ましたし、時間をずらしたことで東京までの帰り道も空いていて、いろいろと大満足な遠征となりました。
花火大会という大目標は達成したものの、それからも彼女とは時間があれば会っていますし、次回の花火大会も一人で行かなくて済みそうです。

長野のメル友とのエッチな体験談


私は現在30代の男性です。今から15年以上前の話なのですが、当時大学生の私は東京に住んでいました。しかし、彼女もおらず悶々とした日々を過ごしていました。そこで、はまっていたのがメル友です。何人かメル友がいたのですが、その一人に長野県に住んでいる大学生のメル友がいました。彼女とのエッチな体験談を記したいと思います。
毎日メールしているうちにやはりお互いに段々と気持ちが強くなってきて、実際に会うことになりました。まずは私が彼女が住んでいる長野県の長野市まで遊びに行くことにしました。実際に、それまではお互いのプリクラを交換したぐらいでどんな顔をしているのか、スタイルはどうなのかわからなかったので、初めて会うときはかなりどきどきしました。今みたいに簡単に写真を交換できる時代だとこうした気持ちはわからないと思います。
そして、正直会ったときには思ったよりも可愛くなくてちょっとがっかりでしたが、それでも一緒にいてエッチしたいと思うようになりました。とはいえ、いきなりラブホに誘うのもどうなのだろうかと考えていたので、その日宿泊するホテルに誘うことにしました。夜ご飯を食べて、ちょっとお酒を飲んでから部屋で酔い覚ましにお茶を飲もうと誘うと、ついてきてくれました。そして、部屋に入ってからキスをすると彼女は男性経験がほとんどなかったようで、固まってしまいました。
そこで、無理にするとだめだなと思い、ゆっくりと服を脱がせ、全身を愛撫してあげました。彼女も段々と気持ち良くなってきたようで、すでにあそこは濡れ濡れになっていました。
私もまだ女性経験が多いほうではなかったのですが、当時持っていたテクニックのすべてを発揮して、彼女とエッチをしました。結局、それから月に1,2回はお互いに会いに行くという感じでした。毎回エッチをしていました。しかし、半年ほどして私が浮気をしたので、彼女と別れることになりました。

長野の白馬のスキー場での出会いとホテルでの幸運


男二人で長野県の白馬にスキーに来ていたときに、スキー場で滑っていると女の子が横から自分のところに突っ込んできてぶつかってしまいました。
これが男あれば怒るのですが、とってもかわいい女の子ですみませんと謝ってくるので機嫌を損ねることなく、むしろいい気分にさえなってしまいました。
その後夕方になり、ホテルに戻るとそのさっきの女の子とばったり出会ってしまい、女の子も2人できていたので2対2という願ってもない組み合わせになったので一緒に夜の食事に行かないかと誘ってみることにすると笑顔で喜んで行く行くとノリよく答えてくれたのです。
なんだかスキーでぶつかってくれたことが幸運を呼んだようであり、レストランで食事をした後は部屋で飲みなおしをして盛り上がっていきました。
すると自然にカップルができるようになり、自分の向かいになっているのはさっきのぶつかってきた女の子です。
お互い雰囲気で求めているのを感じて私たちは彼女の部屋に行くことにして、彼らはそのままそこで楽しく過ごしてもらうことにしました。
部屋に入ると、もうお互いが興奮していて激しく体を求め合い、服をどんどん脱がして下着にしていき、パンティの中にまで手を伸ばしていくともう凄くぐしょぐしょの状態であり、早く入れて欲しいとアピールしてきたので、ますは立ちバックで後ろから突いてがんがんイカせて、その後は騎乗位になってもらい上から腰を振ってもらうと、少し大きめのおっぱいが揺れていい感じなので下からおっぱいを揉むようにしていい気分を味わい、最後は正常位でフィニッシュすることができました。
その後でシャワーを浴びると2回戦が始まり、今度は彼女がフェラをしてくれたので負けじとクンニして、最後はシックスナインで気持ちいいセックスを楽しみました。
翌朝お互いが別々の部屋でお泊りして熱い夜を過ごしたので、なんだか微妙な空気に包まれてしまいましたが、見事ワンナイトラブは成功しました。
長野の白馬のスキー場では思いかげない嬉しい出来事になりました。