闘争心と征服感

四人とも大学の同級生

四人とも大学の同級生の俺と彼女の彩、男友達のそう、その彼女の花の話です。

四人で卒業旅行に行くことがあったんだけど、学生だしできるだけお金を抑えたいということで四人の相部屋にした。
普通は嫌かもしれないがかなり仲もいいし、お互いの彼氏彼女がいるので安心だろうということで四人部屋にきまった。

いろいろ観光とかも楽しんだあと、お酒をしこたま買って夜は激しい飲み会になった。昔話とかで盛り上がってたんだがだんだん日頃どれくらいの頻度でやっているかとか下ネタ方向の話になってきた。

するとそうがムラムラしたのか花の胸を触り始めた。
そう以外はやめろと言ってるんだが聞かない。

友達のやるところなんか見たくないと話したら!何を思ったか交換しようとか言ってきた。理解出来なかったが、しばらくするとお互いのパートナーを交換しようという意味らしい。

花を俺の元に連れてきて

浴衣をはだけさせ、綺麗だろ、触っていいぜとか言っている。

俺は彼女が横にいるにも関わらずたってしまった。
花はそれを見て喜んだのか、俺の手を取って自分の胸に持って行った。

柔らかい。興奮してしまった。

それを見て彩はそうのところにいっていきなりそうのものを加え始めた。
するとそうは決まりだなと、お互いのセックスに乱入は禁止というルールを付け加えてお互いにおっぱじまった。

自分の彼女が気持ちよさそうな声が出されると、負けられないと目の前の花をいかせてやり、いい声を出したり、感じたりするとたまらない優越感や征服感が半端じゃなく興奮する。

男も女もみんないつも以上に激しくなって気持ち良すぎる一日でした。