風邪を引いてると思っていた。

まるで嘘かのような現実が起きました。そのおかげでこの話は
私のすべらない話になったでしょう。
私はニューハーフと一夜を共に過ごすところでした。
出会ってから2件目の飲み屋に行くまで気がつかなかったのです。

その日、私は平日が休みでした。次の日も休みの予定でしたが
知人と全く予定が合わずに1人で過ごす休日となったのです。
休日1日目の夜に無性に人恋しくなりました。
誰かと話をしたい。誰かと一緒にいたい気持ちが強くなり

クラブにはあまり行かないのですが、
たくさんの人がいると思ってクラブに行ってみました。

当然平日の夜。しかも早い時間帯なので
あまり人がいないのは当然です。

ですが、音楽はガンガンなっており自然とテンションが上がる感じがします。
女性が1人カウンターでお酒を飲みながらタバコを吸っていたので
話しかけてみました。
ナンパのテクニックは人と違ったファーストコンタクトが大切と聞いた事があるので私は
「寂しいですね?w」と声をかけてみました

彼女は咳き込みながら、小さい声で
「そうですねw」と言って私に微笑みかけました。

クラブに来る前にお酒を飲んできて少し酔っ払ってるせいか
音楽のせいか、クラブの暗さのせいか

その彼女と一夜を共にしたいとすぐに思いました。

よく咳き込む小さな声の彼女ともっと話をしたいので
場所を変えてお酒を飲もうと誘い、
ダイニング居酒屋でお酒を飲むことにしました。

謎めいた彼女は身長は
ヒールを履いているせいか私より身長が高い。
足は細いとは言えないが、肉付きがとても良さそうな体をしていました。

彼女の話を聞いていると、
実家とは音信不通になっており父親とは縁を切ったそうです。

なぜそうなったのかは私は聞き出すことができませんでした。
縁を切る程までの話を思い出させたくはないと思ったからです。

話はあまり盛り上がることはなく
ゆっくりと語るように話していました。

2件目にいくことにして
次は個室の居酒屋にしようということになり、
靴を脱いで座敷で飲む居酒屋です。

ヒールが27cmくらいはある大きさでした。
ヒールを脱いだ彼女は私と同じくらいの身長で
「まるで男のよう…」

そうその時初めて気がつきました。

声が低くて親と縁を切る
ヒールが大きい、身長が大きい
肉付きが良い

どれをとってもこれは男でした。

別にニューハーフが嫌いなわけではありませんが
男と女の関係になるのには私にはまだ出来ませんでした。

それに気がついてから、
そうそうに居酒屋を抜け出して解散をしました。

連絡先は交換したので、いつ連絡がくるのかとドキドキしている毎日の夜です。

久々に女性とたくさん話ができて
盛り上がることは無かったが語り合うことができたので
別に女性も男性も関係ない自分を出して話をすれば自然と心をわかり合うことができると

思っていたのですが、たくさん話をした人は男性だったと思い少し残念な気持ちになってしまいました。
ですが、人とたくさん話をできたので、これは私の人生の思い出なっても過言ではないと思います。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!