20歳も年上のヒゲ男にナンパされてホテルに行く

自転車で信号待ちをしていると、大きなワゴン車が目の前に車が止まりました。
その車の窓がスーっと開いて車の中を見ると、ヒゲつらの男性とサーファーのような男性が乗っていました。
「何してるの?」と聞かれて、「信号で待ってる」と言うと、「ガハハハハ」という笑い声が聞こえてきました。
「ねえ、これから遊びに行かない?」と言ってきて、「無理」と言うと「電話番号を教えてよ」と言ってきます。

「無理」と言うと、「じゃあ、こっちの電話番号教えるからかけてきてよ」と言います。
無理やり電話番号が書かれたカードを渡されて、その車は行ってしまいました。
ヒゲの男は、私よりも20歳以上は年上だと思いました。
その時は乗り気じゃなかったけど、その電話番号が書かれてあるカードを見ていると、だんだんと電話をかけたくなってしまうのでした。

夜になって寝ようと思っていましたが、あの電話番号が気になって眠れません。
気がつけば、あのナンパしてきた男性に電話をしていたのです。
電話に出た男性は、「やっぱりかけてきたんだね」と待っていたかのように言います。
そして、「今からおいでよ」と誘ってきます。

スナックの名前を伝えられて、そこに行ってみました。
そこには、あの2人の男達がカラオケをして盛り上がっていました。
隣に座ったらマイクを渡されて、一緒に歌いました。
スナックで食事をしたり、会話をして楽しんだ後、車に乗ってホテルへと連れて行かれました。

ホテルでは、その声をかけてきたヒゲの男とセックスをしてしまいました。
鏡の前でセックスしたり、もう一人の男が見ている前でセックスをしました。
凄く恥ずかしかったけど、アソコはビチョビチョでした。