ハプニングバーで恥ずかしいこともいっぱいしました。

地元の知り合いのイケメンとハプニングバーで恥ずかしいこともいっぱいしました。
私は20代後半の女ですが、イケメンは同い年で仲が良く絡む機会も多いのです。
そのため、ハプニングバーで遊ぼう!

という話にもなり、とうとう私たちは一緒にエッチなことをすることに。
あまりそういう場所には出向いたことがなかったため、最初はどうしていいのかわかりませんでした。
イケメンは何度かハプニングバーへ行ったことがあったみたいなので、私はイケメンの友達の指示に従いハプニングバーをよく観察していました。

30分ほど店内でくつろいだ後、私たちはプレイルームへ行きイチャイチャすることに。
イケメンは日頃体を鍛えているだけあって、腹筋は割れていましたし、見事な体型です。
私はその筋肉を触りながら、イケメンのチンチンを咥えました。
即尺だったのですが、全く汚くありませんでしたし、大好きな人のだったのでむしろ喜びがありました。
10分くらいフェラをしていると、イケメンは我慢できなくなり、そのまま私の口内に出しました。

イケメンはごっくんして!と言ってきたので、私も思わずごっくん。
けっこう苦くて飲みにくかったのですが、イケメンの友達のでしたし、すごく嬉しかったですね。
ごっくん後はイケメンが私の全身をいっぱい責め、私を気持ちよくしてくれました。
イケメンはかなり上手でしたし、これはモテるなと感じました。
ハプニングバーで一緒に2時間ほど楽しみ、私たちは店内を後にしました。

すごく楽しかったですし、ハプニングバーでイケメンとエッチなことをたくさん満喫。
いい思い出となりました。

ハプニングバーで大胆なエッチをする友人につられ・・・


ハプニングバーは初体験でした。
ハプニングバーの常連の友人と一緒に行くことになり、前々から興味があったのですごくドキドキしていました。

友人は、ハプニングバーに行ったら自分から積極的に声をかけるそうです。
狙った獲物は絶対に離さないといいます。

友人からハプニングバーに向かう途中にいろいろと話を聞きつつも、いざ店内に入ると、カウンターはいたって普通な感じでした。
しかし、奥にも部屋があり、中に入ってみると、すごくいやらしい雰囲気の場所だったのです。

友人とカウンターで一緒にお酒を飲んでいたのですが、友人は一人の男性と意気投合し、消えていくのでした。
友人がいなくなって、一人取り残されてしまった私は、ちょっと心細かったです。
数分経つと、私も一人の男性から話しかけられました。

彼とカウンターで話をしていると、すごく盛り上がり、話しやすい人でした。
彼と話していて、私は始めてきたことを彼に話しました。
すると彼は、「じゃあ俺がいろいろ教えてあげるよ」といい、奥の部屋に行くことになりました。

奥の部屋に行くと、早速彼は私にキスをしてきました。
そのまま彼の手は私の胸を触り、キスもだんだんと激しいものになって行ったのです。
彼は私の服を脱がし、アソコに手を回し、手マンをしてきます。

彼は、初めてではないように、私の感じるところを沢山せめて来ます。
私のアソコはすぐに大洪水になっていきました。

そのまま彼と最後までしてしまったのですが、彼とのセックスもすごく気持ちがよく、私は思わず彼に連絡先の交換をお願いするのでした。

ハプニングバーでクン二の嵐


私はハプニングバーで熟女に思い切りクンニをして潮吹きさせていました。
熟女は40代の色気のある女性で、年上好きの私にはとても魅力的に思えたのです。
ハプニングバーで熟女と初対面したにもかかわらず、私たちは一瞬でエッチな関係に。
熟女のパンティーを下ろすと、私は一目散に熟女の湿ったアソコを手マンしました。
手マンしていると、さらに濡れ濡れの状態はマックスに。

そして、私はクン二を開始し、熟女をアンアン言わせていたのです。
熟女のアソコは特にニオイもなく、ほとんど無臭でした。
何と言ってもパイパンでしたし、非常に舐めやすいので助かりました。
クンニを続けていると、熟女がけたたましい声を上げながら乱れ喘いでいたのです。
その大きな声にびっくりしましたが、私はもちろんクンニをやめることなく、じっくりとクンニを楽しんでいました。

そうしているうちに、今度は熟女が私のイチモツを握り締め、パックンチョし始めました。
熟女の老練なテクニックで私のイチモツはギンギンです。
私のパンツを脱がした後に、熟女はパクパクとパイズリフェラを始めたのです。
さすがのテクニックだったため、私は5分もしないうちに熟女の大きな口の中に発射してしまいました。
熟女はすごく苦そうにしていましたが、そのままザーメンをごっくん。

その後も二人でエロいことを続け、ハプニングバーで濃厚な時間を送ったのでした。
熟女とはその後もハプニングバーで数回関係を持ち、大人の遊びを楽しました。

ハプニングバーで潮吹きをした体験談


私はハプニングバーの経験はありましたが、まだ経験は浅いほうで、一人で行くときは今でも少し緊張してしまいます。
でも、エッチな行為をするのはすごく好きなので、カウンターでお酒を飲みながら、ゆっくりと品定めをしていました。

どんな人がいるだろう、どんなエッチをしている人がいるだろう。
いろいろな男性を見ながらも、お酒を楽しんでいた私に、一人の男性が声をかけてきました。
彼は私よりも年上な感じで、ルックスも結構カッコいい人でした。
イケメン大好きな私には、範囲内のルックスに、テンションは少し高くなっていました。
そして、しばらく会話をしたのですが、彼との会話もすごく楽しいものでした。

彼は会話のところどころに下ネタを挟んできて、私はノリよく下ネタについていくことができました。
私は、きっと彼とプレイをすることになると思いました。
そして、それを望んでいたのかもしれません。

彼と奥のプレイルームへ移動しました。

大きなソファに座り、彼と少し雑談をしていると、だんだん彼が私に密着してくるのです。
そして、さりげなく手マンされていました。

会話をしながらの手マンでしたが、だんだんと会話ができないくらいに気持ちよくなっていました。
彼の手マンはだんだんと高度になっていき、私はだんだん大きな喘ぎ声になって行きました。
そして、そのまま絶頂に達し、初めて潮吹きを経験するのでした。

ハプニングバーで潮吹きをするほどの気持ちよさを味わったのは今回が初めてでした。
次は大勢の前で、過激にセックスをしてみたいです。

ハプニングバーでの人妻との体験はすごく濃厚


ハプニングバーは、初めて出会った人でも、相性がよければエッチな関係になれると言われています。
そういった意味ではすごく魅力的な場所だといってもいいのではないでしょうか。
出会い系でセフレを探すよりも、ハプニングバーで知り合うほうが、すぐにエッチな関係になれるといってもいいでしょう。
ハプニングバーは、日常の世界から離れたいときにもすごくオススメな場所です。
非日常を楽しみたいときにもすごく楽しめます。

私が今回出会った人は、30代前半の人妻でした。
人妻といってもまだまだグラマーな体型をした人でした。
そして、可愛らしさのある女性です。

私は、人妻の彼女を頑張って口説き落とし、素敵な時間を過ごすことになったのです。
個室に移動すると、彼女の様子はなんだかそわそわしていました。
私はお構い無しに彼女の股間を触ると、パンスト越しにすごく濡れているのが分かりました。
下着を脱がせ、直接彼女の中に指を入れると、私の手はすでにぐちょぐちょになっていました。
暖かく、私はだんだん興奮を覚え、彼女の中に入っていきました。

彼女の中はすでにぐちょぐちょになっていたので、すっぽりと入っていきました。

ハプニングバーでの人妻との体験はすごく濃厚でした。
若い女の子とのセックスとはまた違った体験をすることができ、すごく貴重な時間になりました。

彼女とは今回初めてセックスをしましたが、初めてだとは思えないほどに気持ちのいいセックスをすることができました。

ハプニングバーで濃厚な体験


刺激が欲しいと思った私が一番最初に思いつく場所はハプニングバーです。
ハプニングバーでは、その日によっていろいろな体験をすることができ、時には濃厚な体験をすることもできるのですごく気に入っています。

この日も私は一人でハプニングバーを訪れました。
すると、20代後半の女の子から声をかけられたのです。
突然だったのですごくドキッとしてしまいましたが、気さくに話しかけてくる彼女に私は少しずつ打ち解けていくのでした。

すごく可愛い彼女としばらく楽しく会話をしていました。
時間がたつと、私たちはいい雰囲気になり、プレイルームへと移動したのでした。

彼女からのお誘いだったので、恥ずかしさもありましたが、うれしさもあり、私たちは置くのへやけと移動し、沢山密着しあいました。
彼女と密着していると、私はだんだん我慢できなくなってきて彼女の胸やアソコを触り始めたのです。
そして、自らペニスを出すと、彼女にフェラを要求しました。

私の要求に彼女は喜んで応じてくれました。
彼女の豪快なフェラに私はすごく気持ちよくなっていました。
そして、私はそのまま彼女の口の中に出したのです。

その後も彼女とお互いに愛撫しあい、一つになりました。
彼女のフェラもすごく気持ちが良かったのですが、彼女の中も暖かくて気持ちよかったです。

彼女は、おもちゃを使って刺激されるのが大好きなようで、私が沢山感じた後は、お返しに沢山おもちゃを使って彼女を気持ちよくさせました。
その後、彼女とは定期的に連絡を取り合っています。

ハプニングバーでオナニーを見て欲しいと頼まれて・・・


ハプニングバーには、たまに一人で来たりするんです。
カウンターでお酒を飲んでいると、いろいろな男性に声をかけられ、仲良くなることもあります。
その日によっていろいろな体験をすることができるので、ハプニングバーは一人できてもすごく楽しめるのです。

この日も、中年の男性から声をかけられました。
そして、カウンターで一緒に話していました。

最初は何気ない雑談をしていたのですが、だんだんエッチな話しになっていき、自分の性癖なども私に話してきました。
この流れではきっとエッチな話題になるのではないかと思っていましたが、何と少し意外なものだったのです。

彼は、自分がオナニーをしているところを見られたいといった願望を持っている人だったのです。

2万円でどう?
ときかれ、私はオナニーを見るだけでもらえるなら大歓迎だと思いました。

奥の部屋に行き、私は彼のオナニーを鑑賞します。
オナニーをしている最中に、卑猥な言葉をかけられるとすごくかんじるんだそうです。
そして、オナニーをして絶頂を迎える瞬間を見て欲しいといいます。

私は彼の耳元で、卑猥な言葉をかけ続け、耳元に息を吹きかけたりもしていました。

彼は、久しぶりに絶頂を迎えたようで、オナニーを見て欲しいと頼んでも、絶頂を迎えないことも結構あるといいます。
そして、彼はすごく満足していましたが、私は彼のモノの大きさにすごく興奮してしまったのでした。

2万円もしっかりくれて、彼から援助交際を申し込まれてしまったのです。
これにはさすがにびっくりしてしまいました。

ハプニングバーという単語を初めて聞きました


友達と居酒屋で飲んでいるときに「私ちゃん、最近彼氏は?」と聞かれました。「もう2年もいないんだよね。もう女として終わっちゃってるかも。」と私は答えました。

友達は「確かにずっとエッチしてないとこのまま女が終わっちゃうのかな?って思うよね。」と言いました。友達は「実は私も3年彼氏いないんだよね。だから、たまにハプニングバーに行ってトキメキを求めてるよ。」と言ったのです。私はハプニングバーにという単語を初めて聞きました。内容を聞くと男女が出会う場所でいい人がいればエッチしてもいいし。という軽い感じのところのようです。私は興味が出てきて「私も行ってみたい。今度、行くとき一緒に連れて行ってよ。」と友達にお願いしました。

二週間くらいたったときに友達から連絡があり一緒にハプニングバーへ行くことになりました。お店は本当にバーのよう感じのお店でした。お店は貸切のようで中に入ると男女20人くらいいました。最初は友達とお酒を飲んでいると男性の二人組が話しかけてきました。友達は「この子は今日初めて来たのよ。」と言ってくれました。すると男性Aが「じゃあ、よかったらどう?」とアピールしてきました。

なんだか慣れている感じだったのでこの人ならいいかも。と思いOKしました。別室をAが用意してくれて二人で部屋に行きました。久しぶりに男性とセックスするんだと思うと緊張していましたが、Aがあまりにもスムーズにキスをして服を脱がしていくので驚きました。Aにすべて任せておけばいい感じで安心しました。挿入されるとあまりの気持ちよさに声を上げてしまいましたが、Aは「エロい声上げてるね。締まってるし俺も気持ちいいよ。」と言い腰を動かし続けました。二人で一緒に行った後、最初の部屋に戻りました。帰りは友達とは別々で帰り、私はAとホテルに行きました。

ハプニングバーへは下ネタ好きの上司と


私の会社の上司がすごく下ネタ好きのエッチな男性なのですが、その上司と一緒にハプニングバーへ行くことになったのです。
私はハプニングバーにはまだ行ったことがなかったのですが、少し興味があったので、上司に連れられて行くことにしました。
最初は何をすればいいのかよくわかりませんでしたが、上司が個室へ行こう!と言ってきたので、私は上司と共に個室へ。

個室にはプレイ道具がたくさん揃えられていて、怪しげな雰囲気がかなりありましたね。
それでも、私は初めて来るハプニングバーに胸を躍らせながら、気がついたら上司のおちんちんを口の中に入れていました。
上司にフェラを促され、私は上司の太くて臭いおちんちんをフェラ。

上司はイラマ気味に私の口内へおちんちんを押し込んできました。
若干苦しかったのですが、意外とイラマは興奮しましたね。
上司のおちんちんをフェラしていると、上司は私のおっぱいを揉みながら、会社ではできないようなことをたくさんしてきました。

フェラを10分ほどしていたら、上司もいよいよ我慢できなくなったのか、イクという声を出して私の口内に発射しました。
その苦い液体を私に飲むように言ってきたので、私は仕方なくそれを飲むことに。
すごくまずかったですが、ハプニングバーで上司のものを飲み干しました。

上司とハプニングバーでいけない関係を結んだのですが、まさかハプニングバーでこんなことをするとは思いませんでした。
お酒の力もあったのですが、すごくエッチなことをいっぱいしたので、ハプニングバーでの思い出はかなり濃い
ですね。

ハプニングバーは旧友と!


私には、古くからの付き合いのある女友達と、ハプニングバーを訪れました。
古い付き合いなので、気心知れた相手でもありました。
何でも思っていることを言い合えることができたので、ハプニングバーに行くときも、自然な流れでいくことができたのです。

店内に着くと、空間は少し怪しげな感じがしました。
おしゃれな空間で、少し薄暗く、男女がイチャイチャするにはすごくいい空間なのかもしれないと思いました。

おもちゃやコンドーム、コスプレなど、いろいろなものがしっかりと揃っていたのです。

古くからの友達だといっても、そういった展開になったことは今までにはなく、少し緊張はしていましたが、彼女はその行為を私とならいいと、受け入れてくれたのです。
その言葉に、私はお言葉に甘えるように、彼女の服を強引に脱がし、ブラジャー越しにおっぱいをもみ、彼女のあえぐ声を聞くと、さらに興奮し、自分を抑えられなくなってきたのです。

普段はサバサバとしている彼女ですが、セックスをするときにはすごく女らしい一面を見せます。
片方の手はおっぱいを触り、もう片方の手はパンツの中へ。

彼女のだんだんエッチになる声にギャラリーの数も増えていきました。
だんだん私自身もいやらしくなっていき、彼女へのプレイがハードなものになって行きました。

そして、彼女を潮吹きさせると、私の興奮はMAXの状態になっていき、彼女と交わったのです。

彼女からも、フェラをしてもらったり、パイズリをしてもらったりと、すごくいい時間をすごすことができました。

ハプニングバーはSNSで


最近、SNSで仲良くしていた女性と会うことになり、この日は車の中で少し雑談をしつつ、ホテルに行こうと私の仲で段取りを組んでいたのですが、彼女から「いきたいところがある」と提案され、私は彼女の行きたいところに一緒に行くことにしました。
もちろん彼女も、ヤル気でいたらしく、ホテルに行くよりも、やすくて刺激的なところがあるというのです。
そこは何と、ハプニングバーというところでした。

私は、彼女に言われて初めてハプニングバーに行ったのですが、中に入ると、薄暗い空間に複数の男女が絡み合っていました。
仮面やSM用の鞭なども置かれていたのです。

壁の向こうからは女性のエッチなあえぎ声。

乱交セックスやSMなど、いろいろなセックスがあり、興奮させられる空間が繰り広げられていました。
いろいろなギャラリーがいる中で、彼女は早速私のズボンを下ろしていき、すでに興奮している私のモノを口に含みます。

すごく大きいと悦ばしげな表情で、念入りにフェラをしてくれます。
私は、彼女にフェラをされながらも、近くで誘惑してくるほかの女性のおっぱいをもんだりと複数プレイになったりもしました。

フェラをされ続け、私は絶頂に達そうとしていたのです。
そして、我慢ができず、私は立ちバックで激しく彼女のナカを突き上げ、彼女と一緒に同時フィニッシュを迎えるのでした。

これをきっかけに、私はハプニングバーの魅力を知り、彼女とセックスをするときは、ハプニングバーがお決まりになるのでした。

ハプニングバーで大乱交連続発射祭り!


人生一度はハプニングバーに遊ぶに行くべきである。
というかこれまでにハプニングバーの経験が無い人はかなり損しているとここで断言できる。
なぜなら俺はハプニングバーでいつも楽しい時間を過ごしているからだ。
最初の頃は緊張してちゃんとできなかったし、ハプニングバーなんて信じていないこともあった。
しかし今ではハプニングバーに出会って心底良かったと思っている。
それで、ここまで俺が絶賛している理由は、ハプニングバーは乱交できるからだ。
そうそう乱交なんて体験できない人が多数のはずだ。
どころか人生で経験の無い人の方が普通だろう。
しかし、ハプニングバーに行けば普通に乱交することができるのだ。
もちろんすべてのハプニングバーで乱交できるかどうかは知らないが、俺の行っているところでは余裕で乱交している。
とにかく男も女もかなり来店している。
ただここは紹介制になっていて、誰でもいきなり店に行って遊べるわけではない。
俺も友人の紹介で会員になることができたクチだ。
で、このあいだは金髪美女2人と清楚系3人の計5人の女の子に加えて、俺含めた男10人大乱交だった。
上の口も下の口も生チンポをぶち込んだ状態で、あっちこっちでグッチュグッチュと淫靡な音が鳴り響いていた。
当然一発射精したくらいではとまらない。
前後の後退を繰り返し、どの男も数日溜め込んできたチンポ汁を女にぶっかけまくる。
その日の俺は3人の女の口とマンコに発射した。
こういったことは日常茶飯事に行われてて、もちろん今度の週末も俺は楽しむ予定だ。

ハプニングバーは最高です


ハプニングバーという言葉を聞いたことのある方々も少なくはないでしょう。
ハプニングバーという場所は、知り合いの方や初めて会った人とのハプニングを期待し、たくさん刺激のあることをする場所ですよね。
恋人や知り合いと行くのもいいですし、一人でハプニングバーへ出向くのもいいかもしれません。
ハプニングバーでは様々なことを体験できますし、おそらく興味のある人も多いのではないでしょうか。
私は過去に数回ハプニングバーへ行きましたし、現在も利用していますが、やっぱり、ハプニングバーは最高です。

それは、過激な趣味を持つ人もたくさん来ているので、これまでに経験できなかったエロ体験をすることもできるのです。
私は初めてハプニングバーへ行ったときは、キャバ嬢たちとかなり乱れ合いましたね。
クン二や拘束をしたり、縄で縛ったりと何でもアリでした。
すごく興奮しましたし、忘れられないです。
普段、性欲をなかなか解消できないという男性であれば、ぜひハプニングバーで女性たちと乱れちゃいましょう。

電マやローターで女性をガンガン責めるのもいいですし、反対に女子から濃厚に責められるのも面白いのではないでしょうか。
コスプレプレイなども可能ですし、ハプニングバー内でたくさん興奮してください。
女性のエロい格好を見てムラムラしない男はいないですよね?
思いっきりハプバーでエロエロなことをして、日頃の性欲を思う存分解消してください。
ハプニングバーはすごく楽しい場所なのでおすすめですよ。

ハプニングバーの存在を知る


私は最近友人からセフレができたことを知らされるのでした。
すごくうらやましく思った私は。友人にどうやってセフレを作ったのかを聞いてみたのです。
すると、友人はセフレをハプニングバーで作ったといいます。

私は、そのとき初めてハプニングバーの存在を知るのでした。
友人から「一緒に行ってみる?」と言われ、行ってみることになったのでした。

初めてのハプニングバーですごく緊張しましたが、友人は常連になっているようでもう手馴れたものでした。

店内に入ると、さっそく乱れた雰囲気が立ち込めていました。
普通にお酒や軽食を摂っている人もいましたが、さらに奥に入ってみるとセックスをしている人もいました。

いろいろな人がいろいろな人とセックスをしていて、周りは乱交状態になっていました。
気がつけば友人も、セフレの女の子とセックスをしていました。

私は一人ぼっちになってしまい、なれない空間にどうしていいか分からなくなっていました。
とりあえず、カウンターでお酒を飲んでいると、一人の女性から話しかけられました。

彼女は常連の人らしく、少し雑談をした後、私のズボンに手を伸ばし、ズボンを下げてきました。
私は彼女にやることを止めることをせず、興奮しながらもされたい放題にフェラをされ、気持ちよくなっていました。

どんなハプニングが起こるかわからないのがハプニングバー。
その後は彼女が許す限りいろいろなことをやりたい放題に楽しみました。

エッチをしてお互いに絶頂し、彼女はすごく満足してくれました。
その後にはお互いに連絡先を交換し、セフレになったのでした。

ハプニングバーでであったぽっちゃり女子


私は、どちらかというと、細身な女の子がタイプでした。
ハプニングバーに行くと、セックスをする相手はどちらかというと細身な女の子とのセックスがほとんどだといってもいいくらいです。

しかし、今回私がハプニングバーで出会った女の子はぽっちゃりな女の子でした。

彼女のほうから話しかけてきて、私は最初は余り興味を示さずに雑談をしていました。
しかし、彼女と過ごす時間が長くなるほどに、どんどん彼女が魅力的に見えるのでした。

やわらかそうな大きなおっぱいを見てすごく興奮してしまった私は、だんだんアソコを固くしていくのでした。
私は彼女に、「すごくいい体つきだね。大きくなってきたよ」というと、彼女はニヤッとしながら私に「私が欲しいの?」といってきます。
これはお誘いだと思った私は「ほしいよ」といい、その場で彼女にキスをするのでした。

彼女と場所をかえ、セックスを始めます。
周りではいろいろな女性のあえぐ声が聞こえてきてすごく興奮する空間でした。
そんな空間の中で彼女のおっぱいに吸い付き、念入りに乳首を堪能し、彼女もだんだんあえぎ声が大きくなっていきました。

私はその先までしたくなり、彼女のアソコを思い切り愛撫し、びちょびちょになったアソコに挿入しました。
彼女の中はすごく締りがよく、私たちはお互いに感じながら最後には同時フィニッシュをするのでした。

むっちりとした女の子がこんなにもやわらかくて気持ちいなんて、このとき私は初めて、ぽっちゃりさんの魅力に気づくのでした。