33歳の熟女セフレをゲット

私は三重県に住む27歳のサラリーマンです。彼女はもう2年ぐらいいません。彼女は欲しいですが、全然セックスをしていないので、セックスフレンドでも良いから欲しいと思いました。私の職場は男が多いので女性との出会いはほとんどありませんし、地方なので都会のようにセックスフレンドもすぐに作れません。我慢できなかったので、ダメ元で出会い系サイトを使ってみることにしました。

自分の年齢と近い女性が良かったので、25歳以下で探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。居ても、住んでる場所が遠いなどの理由で、結局見つかりませんでした。地方の場合は、出会い系を使っても若い子とは出会えないようです。セックスをしたくて我慢できなかったので、年上でも良いから、とにかく近い場所に住んでいる女性を探しました。そうしたら、33歳の既婚の熟女がいました。セックスフレンドになったらと思って、彼女にメッセージを送りました。そうしたら、彼女から返信がありました。いきなり会おうでは、音信不通になってしまうので、普通の話をしました。話が盛り上がったところで、男女の話にもっていき、そして下ネタへともっていきました。下ネタを振っても彼女は音信不通にならなかったので、彼女とセックスできると直感しました。そして待ち合わせをして会うことになりました。

待ち合わせの場所に、セミロングの小奇麗な女性がいました。彼女がそうでした。自己紹介して、カフェで話をしました。カフェでは普通の話をし、盛り上がってから、カフェを後にしました。カフェを出てからは下ネタを話しながら、外をぶらついて、ホテル街へと向かいました。そして、ホテルへ入りました。

私たちは、ホテルに入るとキスをしました。キスをしながら、ソファーに座って、お互いの身体を弄り合いました。彼女のパンツを触ると、すでに湿っていました。パンツの中に手を潜らせ、手マンしました。彼女は大きな喘ぎ声をあげ、身体を震わせていました。

私は彼女の両手をソファーに置かせ、尻を私に向けさせました。私は彼女のスカートとパンツをずらして、バッグで彼女を犯しました。彼女は尻を振りながら、大声を出してイキました。私も彼女の中に出しました。一回戦を終えた後、服を脱いでシャワーを浴びて、ベッドで二回戦をしました。

彼女は久しぶりのセックスだったらしく、私とのセックスに大満足していました。それ以来、私たちは会って、セックスをしています。